心理カウンセラーになるにはどうしたらいいのか【必要な条件を解説】

需要が高まっている職業

女の人

目指すカウンセラーは何か

ストレス社会と言われる現代、精神的なケアの需要がどんどん高まってきています。家族や友達に悩みを聞いてもらうのも良い方法ですが、気持ちが楽になるには、第三者に話を聞いてもらう方が良いかもしれません。そんな時、頼りになるのが心理カウンセラーです。心理カウンセラーは、様々な悩みを聞いて解決の手助けをする仕事です。心理カウンセラーになるには、まず、自分がどのような方面のカウンセラーになりたいのかを考えなければなりません。心理カウンセラーには種類がたくさんあり、それによって勤務先も違ってきます。メンタル心理カウンセラーは、心を病んでいる方の話を聞き解決の手助けをします。勤務先は、病院や老人ホームが多く、一般企業のカウンセラー室などの場合もあります。産業カウンセラーは、働く人達の話を聞くカウンセラーです。主に労働環境に関わる悩みを聞くことが仕事です。勤務先は、産業界の企業がほとんどです。スクールカウンセラーは、その名の通り、学校で親や子ども、教師の悩みを聞く仕事です。その他にも様々なカウンセラーの仕事があります。心理カウンセラーになるには、取得しておいた方が良い資格があります。国家資格はありませんが、自分が目指すカウンセラーに合った資格を取得しておくと、勉強にもなり就職の際にも有利になります。心理カウンセラーを必要としている場所はたくさんあります。求められる心理カウンセラーになるには、必要な資格を複数取得し、キャリアアップしておくことが重要です。